業務用・給食用切身販売 「魚小」 のお知らせ

東京 八王子の業務用・給食用 水産加工品販売店 公式HP http://www.uoko802.com/

夏季休暇および夏季営業時間のお知らせ【平成30年度】

f:id:uoko802:20160709234441j:plain

平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本年度の夏季休暇および夏季営業時間を下記のとおり実施させていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、ご配慮の程よろしくお願い申し上げます。

 

                                                       夏季休暇日程

              平成30年8月11日〜平成30年8月16日迄

*休暇中のお問い合わせにつきましては、8月17日以降に対応させていただきます。

        夏季営業時間 : 午前8:00~正午まで(夏季休暇を除く7月25日~8月25日迄)

*上記日程以外は通常営業日および通常営業時間での対応となります。

北海道産「秋さけ」の現状報告:平成29年秋

f:id:uoko802:20160709234441j:plain

「秋さけ」の最新情報


ここ数年、北海道 及び 三陸産 秋鮭が不漁の為、漁獲量が激減しております。


昨年も史上最低の不漁でしたが、本年はさらに激減した水揚げ量で漁期が終わりを向かえる結果となってしまいました。


秋鮭市場の品薄不足が本年10月より聞こえはじめておりましたが、当店では学校給食の主要食材と、いうこともあり何とか二学期(12月)までは見積の価格を維持しなければと、早々に原料を確保を行いましたが、ありがたい事に手持ちの原料を全て完売する運びとなりました。


上記の理由から、原料高騰のため秋鮭を販売するにあたり、値上げを余技なくされてしまいました。

 

今日の現状では、「鱒(マス)」の価格も秋鮭相場に伴い高騰しております。また全体的に商品の争奪戦が過熱しておりこちらも早々に品薄の声が聞こえはじめております。

 


そこで、今回、ロシア産の白さけのご案内をさせていただきます。


今回、ご案内さけていただく「白さけレッド」はロシア産白鮭の中で最上級のランクになります。

今までの北海道産「秋鮭レッド」も秋鮭の中で最上級のものでした

今回ご用意した「白さけ」はいままでの「秋さけ」に比べ倍の脂質があると言われております。また、うろこ・骨とり処理もなされているため美味しく召し上がっていただけるものと自負しております。


価格等は別途、ご案内させていただきますが、過去の「秋さけ」よりも値上げせざるおえない状況をご理解ください。

 

イメージとして

以前「秋さけ」≒「鱒」<「白鮭」<現在「秋さけ」

がわかりやすいと思います。

 

現状の報告ですが、状況をみまして都度ご案内させていただきます。


今後とも「魚小」をよろしくお願い申し上げます。


                東京都八王子市小門町8-13 魚小 代表 小林 功

 

   ***********************************

 

以下、参考にご覧ください。

白鮭(標準和名:鮭)


基本情報
商品名:秋鮭、時知らず、時鮭、鮭児
英名:Chum salmon
分類:サケ目サケ科サケ属サケ
産地:北海道、東北、ロシア、チリ
味覚:脂は控えめでさっぱりした淡白な味わい
料理:塩焼き、ムニエル、ルイベ、スモークサーモン、石狩鍋、ちゃんちゃん焼き、 三平汁、イクラ筋子

 

最もスタンダードな鮭。鮭といったら普通はこの「白鮭」のことを言います。
スタンダードなだけに、様々な料理や加工食品に使用されます。また卵の粒が大きいため、筋子だけでなくイクラとして加工されることも。


ふつう「白鮭」という名前では売られてなくて、代わりに「秋鮭」や「時知らず」、「時鮭」となっていることが一般的。


太平洋北部に広く生息し、日本では主に北海道〜東北で漁獲されます。


白鮭の特徴
• 様々な料理や加工食品に使われている
• 獲れる時期や場所で呼び名が変わる

 

秋に産卵のため川に戻ってくるところを獲ったのが「秋鮭」。国産の天然モノは秋だけ、
「時知らず」あるいは「時鮭」は、産卵のためロシアのアムール川に戻る予定の鮭を、
春〜夏にかけて日本を回遊してるときに獲ってしまうもの。
秋鮭より早い時期に穫れるので時を知らない鮭、すなわちトキシラズ。
秋鮭に比べるて脂のノリが良く、臭みもなくしつこくない味の高級魚です。

 

• 「秋鮭」は最もスタンダードな鮭でサッパリした味わい
• 「時知らず」は脂のノリが良く、臭みもなくしつこくない味
• 「鮭児」はトロ並みの霜降りでトロける味わい

 

                   「E関心/30代のE関心事」より一部編集転記